ネットビジネスの市場規模

こんにちは(・・)

皆さんは ”ネットビジネス” に興味はありますか。

ネットビジネスは自分の興味のある分野で自分のペースで仕事が出来る憧れの職業の1つです。

しかし実際は専門的なHTMLの知識の習得や競合他者(ライバル)との競合いに勝ち抜かなければなりません。

少し前までのネットビジネスのネックは情報の不足でした。

ホームページやブログを作成するためのノウハウやHTML、CSSの知識です。しかしその分、ライバルは少なくほぼ独占して開拓していくことが出来ました。

そして今のネットビジネスはこれらの常識が逆転しています。

誰でもHTML・SEO等の知識がなくても直感的に自身のサイトを持てるようになりました。そしてその便利さのあまりライバルが数多く出現しています。

同様な記事や比較サイトの乱立と情報過多で参入の余地はないように感じるかもしれません。

しかし、今だからことそオリジナリティーのある独特なサイトの ”価値” が高まっていると感じます。

読みやすい文章」・「分かりやすい説明」・「何度もリピートしたい

当たり前のことかもしれませんがこれらはいつの時代も決まって変わることがない事項です。

ここでは2019年までのネットビジネスの現状を具体的なデータと共に見ていきましょう。

2019年のネットビジネスの市場規模

経済産業省によると国内の電子商取引の規模は2019年で19兆円を超えました。

BtoC-EC市場規模

(経済産業省:2020年7月の電子商取引に関する市場調査結果より報告書。)

この統計を取り始めた平成10年(1998年)から毎年実施して22回目になります。

毎年右肩上がりの推移を示しており今後もネットビジネスは普及・発展していくと考えられています。

物販系の分野が市場規模の過半数を占めていることから手軽にインターネットを利用して買い物できる環境が増えているのが背景と考えられます。

これとは他にリモートやオンラインバンクなどのサービス系の分野がかなり増えた印象です。今後は2020年3月頃から発生したコロナウイルスの影響でサービス系の需要が大幅に増えるのではないかと予想されます。さらに以前から各国で競うように開発が行われている高速回線の5Gと対応端末の普及でデジタル系分野も一層伸びていくのではないでしょうか。

ネットビジネスの市場規模からみてもこれからの参入余地は十分あると思います。

2019年のアフィリエイトの市場規模

ネットビジネスの躍進と共にアフィリエイトの市場規模も増大しています。

国内のアフィリエイトの市場規模と予測

(株式会社矢野経済研究所:アフィリエイト市場に関する調査の実施よりプレリリース

国内のアフィリエイトの市場規模は2019年で3,133億円に達しました。

アフィリエイトの市場規模は例年ずっと右肩上がりで今年の2020年はさらに上回る予想です。

つまり、これだけのお金の動きがあると言うことはアフィリエイトで結果を出しやすいことを意味しています。

ブログ・サイト・ショップの作成

実際にネットビジネスへ足を踏み入れようと考えているなら、まずどの領域で勝負するか決めるのが先決です。

ブログサービス

ブログは誰でも簡単に始められるサービスの1つです。

毎日の日記や出来事を投稿してコメントのやりとりやブロ友を作るのが醍醐味です。

よく有名な芸能人の方がブログを書いて桁違いの反響を受けていますね。

この場合は物を売ると言うよりはブログに関係したアフィリエイトで勝負することになります。

SEOやアクセスの流入は難しいですがお仕事や専業主婦の合間にマイペースに続けていくことができるのが最大のメリットです。

有名な無料のブログサイトをいくつか挙げると以下になります。

  • FC2ブログ・・・ブログ以外にチャット・掲示板・動画など様々なサービスがある。
  • はてなブログ・・・スタイリッシュでデザインが美しいテンプレートが多い。
  • 忍者ブログ・・・簡易なブログ。画像付きRSSや忍者AdMaxなどのツールがある。
  • シーザーブログ・・・無料で10個のブログを作成できる。
  • ライブドアブログ ・・・カスタマイズ、使いやすさ、無料で多機能。

専門系サイトの構築

専門サイトと言うのは、何かに特化したサイトのことです。

比較サイト・ポータルサイト・代理店サイトなどがこれに当たります。

これらは大型サイトになりアクセス数を一気に稼ぐことができますが、サイトを成長させるために時間と費用がかかる場合が多いです。一人で製作する方もいますが基本的に外部や少人数で作成することが多いです。

少しランクを下げて、他の方に役立つ情報サイトを立ち上げる手段もあります。

様々な会社の光回線の種類や価格のみを扱ったサイトがこれに当たります。

入会・登録希望者の方のネックになっていることを分析して分かりやすく記事にすることで利用者を増やしていくことができます。

サイトの構築は以前に比べて直感的に簡単に作成できるシステムが備わっています。

例えば、ロリポップではブログ形式でサイトを構築できるワードプレスなどのCMSが簡単にインストールできます。

ネットショップ

ネットショップは主に物販系の商品を販売するサービスです。

ご自身の作成したオリジナルのハンドメイド・絵画・野菜・ツールなど様々な物を販売できます。

以前に比べてネットショップの作成は比較的簡単に行えるようになりました。

ご自身でホームページ作成ソフトを準備しなくてもウェブ上で簡単に作成できるサービスがあります。

ホームページのカスタマイズはもちろんのこと利用者が商品を購入する時に必要な決済システム(代引き・クレカ・電子マネー等)が初めから用意されています。

以下のネットショップ作成サイトは決済システム導入済みで安心して利用できます。

  • BASE・・・無料で作成。120万以上のショップが開業中。
  • イージーマイショップ・・・高機能でカスタマイズ性がある。
  • MakeShop・・・月額料金がやや高いが集客に優れている。
  • カラーミーショップ・・・月額費用は安い。カスタマイズ性がいい。
  • マルシェル・・・無料ブログあり。ハンドメイドや中古品の販売に強み。

以前は別に決済システムを導入する必要がありましたが、最近のネットショップ作成サイトでは決済システムやお客様へのメール対応などのテンプレートが用意されており短期間で始められます。

ネットショップで扱う商品によって古物商許可や開業届が必要になる場合があります。

ASPへの登録

それぞれの分野・領域が決まり無事にブログまたはサイトを作成できたら次のステップです。

アフィリエイトを掲載するためにASPへ登録しましょう。

ASPは、広告主とアフィリエイターを繋ぐ中間管理する会社の総称です。

主な使い勝手のいいASPは次の通りです。

ASP特徴
バリューコマース無料ブログ・独自サイトへ貼り付けるタグが豊富。
取り扱い掲載数も多くて使いやすい。さらに自己アフィリエイトが可能。
もしもアフィリエイトサイト登録・追加が簡単。自己アフィリエイトあり。使い勝手がよく初心者向き。
A8ネット掲載数が豊富。自己アフィリエイトあり。審査が厳しく再登録できない場合がある。
楽天市場オーソドックスな初心者向けのASP。自動ウィジットバーナーは収益率が高い。

ASPの広告の種類には、画像広告・テキスト広告・メール広告があります。

広告を貼るときのポイントは、

ブログやサイトに関連した最もマッチする商材を貼り付けることが利益を出す一番の近道です。

広告が多すぎるとページの読み込み速度が低下してしまい、本来読んでもらいたい記事が読みづらくなってしまうと本末転倒です。

1つの記事に貼り付ける広告は画像広告とテキスト広告を合わせて最大で4つまでにしておきましょう。

副業
macooucomをフォローする
マコ米EL

コメント

タイトルとURLをコピーしました