このページでは広告を表示しています。

アップグレードできない古いiPhoneの使い道

スポンサーリンク

こんにちは

今やPCよりも高価なiPhone端末ですが、電話だけでなく、様々な便利な機能や最新ニュースを楽しむことができます。

Appleは定期的に新しいiPhoneモデルをリリースし、古いモデルのサポートを終了します。そしてその度に、指紋認証やNFC等のカードリーダー機能、高画質なカメラなどが搭載されています。

このような便利な機能がたくさん搭載されたスマホを売ったり、捨てたりするのは勿体無いです。

中には記念品としてプレゼントしてもらったり、初任給で購入したりと思い入れのある人もいるでしょう。

そこで、今回、サポートが終了したiPhoneの使い道をご紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneのバージョンとサポート終了日

iPhoneのバージョンと最終更新が終了した日時をまとめました。

(ここではスマホ全盛期である2011年リリースの機種以降をまとめています。)

機種名リリース日バージョン最終更新日
iPhone 3G2011年11月10日5.1.12012年5月25日
iPhone 3GS2013年9月18日7.1.22014年7月1日
iPhone 42014年9月17日8.4.22015年8月13日
iPhone 4S2016年9月14日10.3.42019年7月22日
iPhone 52017年9月19日11.4.12018年7月9日
iPhone 5S2019年9月19日13.72020年9月1日
iPhone 6/6 Plus2019年9月19日13.72020年9月1日
iPhone 6S/6S Plus2022年9月12日16.7.82024年5月13日
iPhone 7/7 Plus2022年9月12日16.7.82024年5月13日
iPhone SE(第1世代)2022年9月12日16.7.82024年5月13日
iPhone 8/8 Plus2023年9月18日17.5.12024年5月20日
iPhone X2023年9月18日17.5.12024年5月20日
iPhoneのバージョンとサポート終了日の一覧

なお、iPhoneをはじめとするiOSはサポート終了日が明確に定められていません

サポート終了日=最終更新日」となります。

現在の古いバージョンは?

2024年7月現在での古いiPhoneバージョンは、「iPhone 6S/6S Plus未満」となります。

iPhone 6/6 Plus以下のバージョンは最終更新日が2020年に終了しているため、今後、様々なアプリやブラウザの視聴に支障が出てきます。

また、最新のセキュリティパッチが適応できないため、セキュリティが脆弱になります。

仮にウイルス対策アプリをインストールしていたとしても、脆弱性を狙ったサイバー攻撃には対処しにくいため、最新のアップデートが必須になります。



古いiPhoneの使い道

新しいiPhoneが次々と新しいバージョンが登場しますが、古いiPhoneをすぐに手放してしまうのは非常に勿体無いです。

例えアップグレードできない端末でも、実はまだまだ活用できる場面がたくさんあります。

今回は、そんな古いiPhoneの使い道をいくつかご紹介します。

1. 音楽プレイヤーとして活用

最もオススメな使い方の一つが音楽プレイヤーです。Wi-Fiに接続して音楽ストリーミングサービスを利用したり、既存の音楽ライブラリを楽しんだりすることができます。iPhoneはiPod touchと同様に元々は音楽再生に特化した端末です。iPhoneは高音質・ハイクオリティ・ノイズキャンセルなどの音質を再生できるので、安物のMP3プレーヤーを使うよりも断然いいです。

2. 子供用デバイスとして

子供用のデバイスとして活用するのも最適です。本格的なスマホを買い与えるのは気が引ける家庭において、教育アプリやゲームをインストールして、遊びながら教えていくことができます。また、親のiPhoneと連携させて、使用時間を管理することも可能です。

3. スマート家電コントローラー

一部の機器に対応したスマート家電デバイスを操作するための専用コントローラー(リモコン)として使うこともできます。照明、温度調節、セキュリティカメラなど、様々なスマートデバイスを一元管理できます。なお、専用アプリをインストールしたり、ペアリングが必要になります。

4. デジタルフォトフレーム

これはデジタルフォトフレームや画像保存先に使う方法です。iPhoneは高画質な画面を採用しているので、お気に入りの写真をスライドショー形式で表示させることができます。また、数GB以上の容量があるため、画像や動画を保存してバックアップ先にも最適です。

5. サブ機として

バージョンが5年以上経過していなければ、万が一のために古いiPhoneをサブ機として使う方法です。メインの電話が故障したり、紛失した場合にすぐに使えるようにしておくと安心できます。ブラウザの検索用として使ったり、ゲームアプリのみをインストールしても良いと思います。

6. オフラインで使える機能

インターネットに繋がなくても、事前にアプリをインストールしておくことでずっと使い続けることも可能です。

例えば以下のような機能やアプリを使えます。

基本機能やプレインストールアプリを使う

iPhoneには様々な基本機能やアプリが搭載されています。

  • 多機能電卓:iPhoneの電卓を横向きにすると、三角関数やルート計算ができる多機能電卓になる。
  • 画面の読み上げ:設定から「アクセシビリティ」→「読み上げコンテンツ」をオンにすると、画面上のテキストを読み上げてくれる。
  • カメラ:カメラを使って動画や写真を撮影できる。
  • ライト:懐中電灯として使う。
  • 録音:迷惑対策などで録音用に使う。
  • カードリーダー:一部の端末にはNFC等のカードリーダーが搭載されています。

このような機器を別に購入しようとした場合、かなり高く付きます。しかし、iPhoneを持っていればすぐに使えます。

外部アプリをインストールして使う

以下のようなオフラインでも使える外部アプリをインストールして使います。

  • メモ帳アプリ:メモややることリストなどに使う。
  • 家計簿アプリ:お買い物履歴やクレジットカードの利用など収支をまとめる。
  • 地図アプリ:いつでも見れる地図を使う。
  • 翻訳辞書アプリ:英語や中国語などの翻訳辞書アプリを使う。
  • ドラレコアプリ:ドライブレコーダーとして車で使う。

このように、最新バージョンに対応しなくなったアプリでもインストールしておくことで、その後もずっと使い続けられます。


以上、使わなくなったiPhoneの使い道をご紹介しました。

この他にも様々な使い方があると思うので、色んなアイデアを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました