当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『NoxPlayer』PCでAndroidエミュレータを動かす方法

スポンサーリンク

こんにちは

PCでAndroidを動かせることを知っていましたか?

スマホが無くてもWindowsやMacの仮想上にAndroidをインストールすることができます。

その方法は、Androidエミュレーターを使う方法で、PC上でAndroidアプリを動かすためのソフトウェアをインストールします。

その中でも特に人気の高い『NoxPlayer』について、その特徴、インストール方法、使い方、そして役立つヒントを紹介します。

・パソコンでAndroidエミュレータを動かしたい人

・Androidの操作を自動化したい人

スポンサーリンク

NoxPlayerとは?

NoxPlayerは、WindowsとMacの両方で利用可能な無料のAndroidエミュレータです。

高い互換性と安定性を持ち、特にゲーム愛好者から高い評価を受けています。

豊富なカスタマイズオプション、ゲームパッドのサポート、そしてマルチインスタンス機能が、その人気の理由です。

1. NoxPlayerのインストール

NoxPlayerのインストールは非常に簡単です。以下に手順を紹介します。

  1. NoxPlayerの公式サイト(https://jp.bignox.com)にアクセスします。
  2. 「ダウンロード」ボタンをクリックし、インストーラをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたファイルを実行し、指示に従ってインストールを完了させます。

2. NoxPlayerの設定

NoxPlayerを最大限に活用するには、適切な設定が必要です。

  • CPUとRAMの割り当て: NoxPlayerを起動後、設定メニューからCPUコア数とRAMの割り当てを調整することをお勧めします。これにより、アプリのパフォーマンスが向上します。
  • 解像度設定: 解像度もカスタマイズ可能です。ゲームやアプリに応じて適切な解像度を設定しましょう。
  • キーボードマッピング: ゲームをプレイする際、キーボードのキーを画面上の特定のアクションに割り当てることができます。これにより、操作性が向上します。

3. アプリのインストールと実行

NoxPlayerでは、Google Playストアを通じて簡単にアプリをインストールできます。

  1. NoxPlayer内でGoogle Playストアを開きます。
  2. 検索バーでインストールしたいアプリ名を入力します。
  3. アプリを選択し、「インストール」ボタンをクリックします。

また、直接APKファイルをインポートすることも可能です。

4. マルチインスタンス機能

NoxPlayerの強力な機能の一つがマルチインスタンスです。これにより、複数のNoxPlayerインスタンスを同時に実行し、複数のゲームやアプリを同時に操作できます。

5. トラブルシューティング

  • アプリがクラッシュする: これは一般にRAMやCPUの割り当てが不足している場合に発生します。設定を見直しましょう。
  • 遅延: 高いグラフィック要求のアプリで遅延が発生する場合は、解像度の設定を下げることで改善されることがあります。

これ以外には「よくある質問」から調べることが出来ます。

【Mac】NoxPlayerをインストールしてみた

今回、MacにNoxPlayerをインストールする方法を解説していきます。

(Winodwsでも基本的な流れは変わりません。exeをダウンロードしてインストールするだけ。)

NoxPlayerをDL

公式サイトへアクセスしてソフトウエア(DMGファイル)をダウンロードします。

インストーラーを起動

dmgファイルをクリックすると、以下のインストーラーが立ち上がります。

ダブルクリックして起動します。

インストール開始

インストールボタンをクリックして進めていくだけです。

権限を付与する

ここがインストールで一番重要なポイントです。

インストールしても起動しない、ロードが終わらない場合は、権限の付与が正常に完了していない可能性があります。)

インストールが終了すると、以下の「ヘルプ」のホップアップが表示されます。

権限付与」をクリックすると、「セキュリティとプライバシー」が開くので、鍵マークを解除して「許可」を押します。

これで権限の付与は完了です。

NoxPlayerが立ち上がる

ロードが正常に終了すると、NoxPlayerが立ち上がります。

これがメインのデスクトップ画面です。

ここまで少し長かったですが、無事にインストール作業を終えて、

アプリストアからアプリをダウンロードして使うことが出来ました。

(画面下にアプリ広告が表示されますが、無料で使えるのでおすすめです。)

Androidエミュレータ上で出来ること

アプリをインストールして遊ぶことはもちろん、ちょっと変わったこともできます。

例えば・・・

  • ルート化(一部のゲームアプリではルート化状態では起動しません。)
  • 解像度の変更
  • オートタップやダブルタップの設定
  • 仮想GPS
  • CPUやメモリの割り当て

これらは設定から自由に変更できます。

もし、単純操作を自動化したい場合はオートタップで自動クリックしたり、位置情報を使うアプリなら仮想GPSで位置を変えたりもできます。

使い方色々なので、ゲーム以外にもツール系アプリを使いたい人にもおすすめです。

Androidエミュレータのバージョン

ちなみにAndroidエミュレータのスペックは以下の通りでした。

  • OS:Android 7.1.2
  • メーカー:サムスン
  • カーネル:4.0.9+
  • Open GL:Qualcomm、Adreno 640、OpenGL ES 3.1

(WindowsではAndroid 9を追加できるようですが、Macではどうやって追加するのか分かりません。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました