Windows11に対応しているか確認する方法

こんにちは

Windows10が一般にリリースされたのが、2015年7月29日です。

そして、いよいよWindows11が2021年未定にリリースされようとしています。

ここではWindows11のアップグレードの互換性の確認利用条件について見ていきたいと思います。

・Windows11の最小スペックがわかる

・Windows11の特徴がわかる

Windows11とは

マクロソフト社が提供しているオペレーティングシステムの1つです。

Windows11は、Windows10の約6年ぶりの大幅アップグレードとなる後継OSです。

Windows11は無償ダウンロードできる?

現在はリリース前ですので詳細はわかりませんが、Windows10の時と同じようにWindows10がインストールされているパソコンでかつシステムの最小要件に達している場合無償でアップグレードできると思われます。

Widnows11の特徴

シンプルなデスクトップの表示です。

  • Windows10と同じパワーとセキュリティ
  • 細部までこだわったデザイン
  • ツール、アプリ、音楽の追加

生産性がアップしており、よく使うアプリへのアクセスが容易になります。

ここまではWindows10とさほど変わりありません。

Windows11は一言で言えばゲーマー向けに特化していると言えます。

システム最小要件を見る限り、64ビット、4GB以上のメモリ、グラフィックカードが必要です。

今回、それに見合うだけの機能が搭載されています。

  • Androidアプリを起動できる
  • オートHDRでゲームグラフィックの向上

Androidアプリをパソコンで出来るようになるのはかなり嬉しい機能です。

またHDR非対応のゲームでもグラフィックが向上するので遊び甲斐のあるOSになることは間違い無いでしょう。

Widnows11の最小スペック

Widnows11のシステムの最小要件です。

項目詳細
プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4 GB RAM
ストレージ64 GB 以上
システムファームウエア(BIOS)UEFI、セキュア ブート対応
TMPトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックDirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)

Windows11のインストールには、かなりハイスペックが要求されていることが分かります。

メモリの増設は可能だとしても、BIOSのUEFIモードやセキュアブートに対応していなければそこまでになります。

セキュアブートとは、パソコンの電源投入後にUEFIが許可のあるプロセスのみ起動させる仕組みのことです。以前はBIOSによる切り替えだけでしたが、セキュアブートが導入されることでシステムの改変等のセキュリティが向上しています。ちなみに市販のWindows8搭載以降のパソコンはセキュアブートに対応しています。

互換性の確認こちらから。

現在は互換性を確認するダウンロード先が準備中になります。

ダウンロード開始後に互換性を確認する診断が行えるようになります。

Windows10を使い続けられる?

Windows10のサポートは「2025年10月14日まで」です。

利用者が多いので延長サポートが続くかもしれませんが、Windows11から最小スペックが大幅にアップしています。

WindowsXP〜8.1までのような単純な増設等では難しい域まできています。

パソコンの寿命を考えると早めに最新のPCへ乗り換えた方が無難です。

Windows
macooucomをフォローする
マコ米EL

コメント

タイトルとURLをコピーしました