当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

Microsoft Officeと互換性のある代替ソフトウェアの比較

Mac
スポンサーリンク

こんにちは (。・ω・。)

Microsoft Officeは、ビジネスを始め個人でも人気なビジネスツールです。

高度な関数を用いた表計算から家計簿のまとめまで使えるエクセル、大学や会社のプレゼンに欠かせないパワーポイントなどがあります。

しかし、Microsoft Officeは高機能ゆえに高価なソフトウエアです。出来ることならば、購入費用を抑えて互換性のあるソフトがあると便利です。

そこでこの記事では、Microsoft Officeと互換性のある主な代替ソフトウェアである「WPS Office、OfficeSuite、Polaris Office、OpenOffice、LibreOffice」の5つの特徴と違いについて解説します。

スポンサーリンク

マクロソフトオフィスの互換性ソフトの一覧

ソフトウェア主な特徴ファイル形式の互換性利用可能なプラットフォームライセンス  
WPS Office 2Microsoft Officeと高い互換性。豊富なテンプレートとツール。DOCX, XLSX, PPTXなどWindows, Android, iOS無料版
有料版
OfficeSuiteクロスプラットフォーム対応。PDF編集とクラウド統合機能。DOC, DOCX, XLS, XLSX, PPT, PPTXなどWindows, Android, iOS無料版
有料版
PolarisOfficeAIによる作業環境のカスタマイズ。多様なファイル形式に対応。DOC, DOCX, XLS, XLSX, PPT, PPTXなどWindows, Mac, Android, iOS無料版
有料版
OpenOfficeオープンソースで無料。基本的なオフィス機能を提供。ODT, ODS, ODPなど(Microsoft Office形式も一部サポート)Windows, Mac, Linux無料
LibreOfficeオープンソースで強力な機能。広範なファイル形式のサポート。ODT, ODS, ODPなど(Microsoft Office形式も広範囲にサポート)Windows, Mac, Linux無料
マクロソフトオフィスの代替ソフトの一覧

以上のような互換性・代替ソフトがたくさんあります。

互換性ソフトは買い切り型ライセンス

月額費用などは無く、買い切り型なのでPCにずっとインストールして使い続けることができます。

マイクロソフト製品に比べて約6分の1の料金で購入できます。

自分用だけでなく家族用や複数台にも最適でコスパが良い!

マイクロソフトオフィスとよく似た製品

PolarisOfficeをはじめとする代替ソフトの多くは、Microsoft Officeとよく似たデザインを持っています。

互換性ソフトはみんな使ってる!

互換性・代替ソフトと聞くと、安価で信用が無さそうなイメージがつきものですが、経費削減にもなるため、大手企業で導入していることが多いです。

また、独自の新しいフォントやクリップアート、数式入力などの機能も充実しています。

互換性ソフトの特徴

代替ソフトの特徴は以下の通りです。

1. WPS Office

「WPS Office」は、キングソフト社が提供しているソフト。視覚的にMicrosoft Officeに非常に似ており、操作感が近いため、Officeからの移行がスムーズです。主要な特長は、無料版でも非常に高い互換性を持つ点です。Word、Excel、PowerPointの各ファイル形式を問額なく開いて編集が可能です。しかし、広告が表示されることがデメリットとして挙げられます。

2. OfficeSuite

「OfficeSuite」は、モバイルデバイスに特に強みを持つソフトウェアです。クラウドとの連携機能が充実しており、異なるデバイス間でのファイル共有が容易です。また、PDFファイルの編集や変換もサポートしていますが、高度な機能を利用するにはプレミアムプランへのアップグレードが必要です。

3. Polaris Office

「Polaris Office」はWord、Excel、PowerPointの各ファイル形式を開くことができます。また、PDF結合や数式エディタや校正機能などの便利な機能が搭載されているので痒いところに手が届く製品です。Microsoft Office製品の約7分の1の価格で購入できるのもメリットです。

Polaris Office for Mac

4. OpenOffice

「OpenOffice」は、オープンソースのオフィススイートで、完全に無料で利用が可能です。多言語に対応しており、基本的なオフィスの機能を十分に備えていますが、インターフェースが古めで、最新のMicrosoft Office形式のファイルとの互換性には若干劣ります。

5. LibreOffice

「LibreOffice」もオープンソースで、開発が非常に活動的であるため、定期的にアップデートが行われ新機能が追加されています。Microsoft Officeファイルとの高い互換性と、多機能で現代的なインターフェースが特徴です。企業向けには、サポートプランを提供している点も魅力の一つです。

【実践】それぞれのソフトを比較してみる

互換性ソフトの違いを簡易的に比較してみたいと思います。

どういったデザインになっているのか、エクセル・ワード・パワポの順で載せています。

1. WPS Office

エクセル
ワード
パワポ

2. OfficeSuite

エクセル
ワード
パワポ

3. Polaris Office

エクセル
ワード
パワポ

4. OpenOffice

エクセル
ワード
パワポ

5. LibreOffice

エクセル
ワード
パワポ


以上、Microsoft Officeと互換性のあるソフトの紹介でした。

無料で使えるソフトなので、サブPCにインストールしたり、本格的にビジネスに使うにも最適です。

それぞれのソフトはデザインや特徴が異なるのでご自身の使いやすいものを選択してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました