【Andorid 9】常時アプリが勝手に強制終了してしまう「DuraSpeed」と「電源管理」で解決!

スマホ

こんにちは

以前購入した中華スマホのASUSが、公式ページでアップグレードの対象になっているのを見つけました。早速、Android 9へバージョンアップを行いました!

手順を踏んで、Android「7 → 8 → 9」へアップグレードを実施しました。

ASUSスマホのアップグレードの方法は以下を参考にして下さい。

Android 9は、取り立てて機能面はそれほど変わりはなく、直感的に使い込んでいけるOSでした。

ところが、しばらく使用していると問題に遭遇しました。

それは「バックグラウンドアプリが勝手に強制終了してしまう」こと!

実はこれはかなり困る問題で、セキュリティアプリやアプリロックなどが勝手に停止している状態です。

「セキュリティアプリの常時保護の停止」や「見られたくないアプリのロックが解除」されている状態になっています。

更にAndroidにプレインストールされているアラーム等の機能もいつの間にか停止しているため使い物になりませんでした。

しばらく色々やってみましたが原因が掴めませんでした。

しかし設定をもう一度見直して見るとあるアプリの存在が原因だと判明しました。

それは、プレインストールされた「DuraSpeed」というアプリです。

このアプリは主にMTKのチップを搭載したAndroidOSにインストールされている中華アプリです。

今回は、アプリが勝手に強制終了してしまう原因であるこのアプリについて正しい設定方法を解説します。

・Androidのバックグラウンドアプリが勝手に停止してしまう原因

・中華アプリの「DuraSpeed」と「電源管理」の2つの設定方法

バックグラウンドアプリが勝手に強制終了している状態とは?

タイトルの通りなのですが、どういう状況なのか説明します。

本来、バックグラウンドで動かす常時アプリは通知バー(ステータスバー)に表示されます。

以下の画像だと、「明るさアプリ、アプリロック、アラーム」の3つが起動中です。

↓↓↓(アプリが消えてる!)

しかし、電源ボタンを押してスリープさせていると、「アプリが勝手に強制終了」した状態になります。そのため、再度アプリを起動させたり、ユーザー補助をONにしたりしなくてはなりません。非常にめんどくさい作業です。

【原因1】アプリが勝手に落ちる原因は中華アプリ「DuraSpeed」

DuraSpeed」とは、バックグラウンドアプリを制限することで現在起動中のアプリの高速化をはかります。

しかしながら、設定を怠ると本来必要であるアプリが停止したり、ラインなどのSNSアプリが受信できなくなってしまう場合があります。

「DuraSpeed」はプレインストールされたアプリでアンインストールすることは出来ません

そのため、事前の正しい設定が重要になります。

「DuraSpeed」の設定

ここからはアプリが勝手に強制停止してしまわないように設定を行います。

方法は「DuraSpeed」の設定の見直しになります。

ここでは「DuraSpeed」を使わない場合使う場合に分けて解説します。

「DuraSpeed」を使わない場合

1、設定アプリを開き、「DuraSpeed」をクリック。


2、「DuraSpeed」の設定を全てOFFにする。

これで全ての作業は完了です。

「DuraSpeed」を使う場合

DuraSpeed」を使用してアプリの高速化をしたい方は設定を行いましょう。

また、勝手に強制終了して欲しくない「ラインなどのSNSアプリ」や「セキュリティアプリ」などは必ずONにしましょう。

新規アプリをインストールする際にはその都度設定が必要になりますので注意して下さい。

1、設定アプリを開き、「DuraSpeed」をクリック。


2、終了したくないバックグラウンドアプリをONにしておきましょう。

逆にバックグラウンドアプリを終了しても良いならばOFFにします。

以上で作業は完了です。

ユーザー補助の設定(必要な場合のみ)

この作業はアプリによって不要かもしれません。

設定を開き、「ユーザー補助」をクリック。


セキュリティアプリやアプリロックなどをインストールしている方は、設定をONにしましょう。

【原因2】アプリが勝手に落ちる原因「電源管理」

ここからは2つ目の原因である電源管理の設定の見直しです。

「DuraSpeed」がインストールされていないのにアプリが強制終了しているならこちらの原因を疑いましょう。

電源管理によるアプリの強制終了の主な原因は次の2つです。

  • バッテリーセーバー
  • バッテリーマネージャ

バッテリーセーバー

バッテリーセーバーは、電池寿命を伸ばすために一部の機能をOFFにしてアプリを制限する機能です。

バッテリーが設定値を下回ったときにこれらの制限がONになります。

バッテリーマネージャ

バッテリーマネージャは、アプリの電池使用量が多いかどうかを検出します。

使用量が多いと判断されたアプリを制限することができますが、一部のアプリは通知などが遅れる可能性があります。

電源管理をOFFにする方法

電源管理の設定をOFFにする設定です。

電源管理はお使いの端末によって設定方法や場所が異なります

一般的には、設定を開いて「電源」という項目に該当するはずです。

その中の「バッテリーセーバー」、「バッテリーマネージャ」というような名前の設定をOFFへ変更しましょう。

以上で作業完了です。

以上で常時アプリが勝手に強制終了してしまう現象を解決できると思います。

同じように困っている方はぜひやってみて下さい。

スマホ
macooucomをフォローする
マコ米EL

コメント

タイトルとURLをコピーしました