【無料・有料・生涯】大容量クラウドストレージ 容量と価格一覧

クラウド

こんにちは

定期的なデータのバックアップは大切です。

データのバックアップにはどういったものがあるのでしょうか。

データのバックアップ先の種類としては主に次の3点が挙げられます。

  • USBメモリ
  • 外付けHDD
  • クラウドストレージ

どれもデータの保存に便利なものばかりです。

中でもUSBメモリ外付けHDDを使われている方は多いのではないでしょうか。

これらの個人での管理にはそれぞれのメリットデメリットがあります。

<個人管理のメリット>

USBメモリ外付けHDDは、持ち運びに優れておりデータを個人で管理することができるため多くの人が利用しています。また、当たり前ですが一度購入してしまえば壊れるまで使い続けられるメリットがあります。

<個人管理のデメリット>

USBメモリ書き込み数に上限があるため大容量のデータを繰り返し保存すると劣化が早まります。外付けHDD衝撃に弱くデータを一度に失ってしまうリスクがあります。その他に紛失や盗難もありえます。

このように個人でデータを管理する際にはメリットとデメリットがありました。

もしこの両方の良さを保ったまま悪い面を解消できれば、安心してデータを管理できるようになると思いませんか?

それを可能にするのが「クラウドストレージ」です!

クラウドストレージは、インターネットを介して外部のサーバーにデータを管理・同期ができるオンラインサービスです。

IDとパスワードのみで外出先からでも簡単にデータを管理できます。

そして、専用アプリ・ソフトを使うことでマルチデバイスでデータの共有が可能になります。

今回は、無料で誰でも簡単に利用できるクラウドストレージの容量と価格の一覧をご紹介いたします。

さらに上級者の方にお得な有料プラン生涯プランについても解説します。

・無料で使える大手のクラウドストレージの一覧と特徴

・コスパがいいクラウドストレージの一覧

・買い切りストレージなら生涯無料

【日本語対応】有名企業の大容量クラウドストレージ一覧

誰もが知る安心の大手のクラウドストレージサービスの一覧です。

基本的に日本語に対応しているクラウドストレージになります。

無料プランは生涯無料で利用できるクラウドストレージで、登録料・年会費は一切かかりません。

同期機能があるクラウドサービスならパソコンとスマホのデータを自動でバックアップすることが可能です。

もし無料プランでは足りないという方は、月額ワンコイン程の料金で有料プランへアップグレードできます。

日本語対応のクラウドサービス一覧

みなさんがよく知っている海外の有名企業から日本国産(Teracloud)のクラウドストレージです。

無料プランに加えて、それぞれの有料プランのうち最も安い月額料金のプランのみをご紹介します。

以下は2020年12月現在での内容です。

クラウドストレージ名無料プラン有料プラン
(最安プラン)
月額
(最安プラン)
Dropbox2GB2TB1,200円
Google Drive
( Goole One )
15GB100GB250円
Google Workspace30GB680円
MEGA15GB400GB630円
IDrive5GB5TB5,212円
OneDrive5GB100GB224円
box10GB100GB1,200円
iCloud5GB50GB130円
Teracloud
(コード:KQNTT )
10GB300GB880円
日本語対応の有名クラウドストレージ

「MEGA」は大容量ストレージとして最適

MEGAは、ニュージーランドに本社を置くクラウドストレージです。

2013年からサービスを開始して日本語を含めて36の多言語に対応しています。

無料会員でさえ15GBのストレージを無料で使用することができるため急激に会員数を増やしていいます。最近ではリモート会議、5G回線に向けてのデータの肥大、バックアップ先の確保などの需要が高まり有料会員へアップグレードする方が増えています。

最も安い「Pro Lite」プランについての特徴は次の通りです。

  • 保存容量400GB
  • 1TBの転送
  • プライベートまたは共有フォルダの作成
  • 大容量のデータ転送に対応
  • スマホの画像などを自動でバックアップ
  • メッセージ機能
  • 安心なビデオ会議
  • 月額630円

>>全プランの詳細はこちら

無料会員は魅力的なプランですが、最初に付与される50GBが期間終了すると15GBまでに制限されますので注意して下さい。

「TeraCLOUD」無料で大容量10GBの国産ストレージ!

TeraCLOUDは、静岡県に本社を置く国産のクラウドストレージです。

2019年ごろ?からサービスを開始している日本語対応のサイトです。

無料会員10GBのストレージを使用することができます。最大で100Mbpsの速度の高速が売りです。他の海外オンラインストレージに引けを取らない機能で今後の需要が見込まれます。既に23のOSやアプリがTeraCLOUDへのバックアップ先に指定できます(詳しくはこちら)。

無料有料有料有料
容量10GB300GB1TB10TB
年間料金0円8,800円/年13,200円/年44,000円/年
プランの詳細

非常にシンプルなブラウザフォルダーで特に説明することはありません。

使いやすい機能としては ”合言葉付きの共有ファイル” の設定です。URLを受け取った相手は合言葉(パスワード)を入力しないとダウンロードできない仕組みになっているのでセキュリティ的にも安心できます。

170MBのZIPファイルをアップロード&ダウンロードしてみたところ実測値は「上り4〜7MB/s、下り7〜9MB/s」でした。ネット回線やPCスペックにも依存すると思いますが特にストレスなく利用できます。

更にコードを入力することで無料で5GBの容量が追加されます。

秘密のコードは【KQNTT】です。

【マイナー】コスパ重視の海外大容量クラウドストレージ一覧

コスパ最強の海外クラウドストレージサービスの一覧です。

基本的に日本語は非対応な海外のクラウドストレージです。

しかしながら、低価格で大容量のデータを利用できる点はかなりお得です。

あまり聞きなれないサイトばかりですが、セキュリティ面やサービスは意外としっかりしています。

ほとんどが英語表記ですが、ブラウザの翻訳機能を使えば言葉の壁はそれほど苦にはならないでしょう。

クラウドストレージ名無料プラン有料プラン
(最安プラン)
月額
(最安プラン)
pCloud10GB500GB$3.99 = 約399円
sync5GB2TB$8 = 約800円
MediaFire10GB1TB$3.75 = 約375円
KOOFR2GB10GB0.5€ = 約50円
Jumpshare2GB1TB$8.25 = 約825円
mimedia10GB500GB$7.99 = 約799円
icedrive10GB1TB$4.99 = 約499円
Degoo100GB
(90days only)
500GB$2.99= 約299円
海外の有名クラウドストレージ

【コスパ】1度きりの支払いで生涯使えるクラウドストレージ

コスパ重視のクラウドストレージサービスです。

毎月・毎年プランに加えて、「生涯プラン」が用意されています。

生涯プランは1度きりの支払いで生涯クラウドストレージを利用できる買い切りプランです。

毎月の支払いから解放されずっと使い続けることが出来ます。

ここでは生涯プランを持つ3つのクラウドストレージサービスを紹介します。

「icedrive」 Cloud storage lifetime

icedriveは、イギリスのクラウドストレージです。

主な特徴は以下。

  • クライアント側の暗号化
  • 共有ファイルのパスワード保護
  • モバイルアプリ拡張機能

14日間の返金保証があります。

LiteProPro+
$59
(約5,900円)
$149
(約14,900円)
$499
(約49,900円)
150GB1TB5TB

「pCloud」 Cloud storage lifetime

pCloudは、スイスを拠点とするクラウドストレージです。

1,050万人を超えるユーザーに利用されています。

英語表記で日本語はなし。

主な特徴は以下。

  • 保存先はアメリカとヨーロッパ
  • 強固な256bitAES暗号化技術
  • アクセスと同期がワンクリック
  • 内蔵メディアプレーヤー
  • インスタグラムやGoogleDrive等からのバックアップ

Premium 500GBPremium Plus 2TB
$175
(約17,500円)
$350
(約35,000円)
500GB2TB

以下は[shop.cheddar.com]の期間限定の価格です。

1TB2TB5TB
$29.99
(約2,990円)
$49.99
(約4,990円)
$79.99
(約7,990円)

生涯プランの詳細はこちら

「KOOFR」 Cloud storage lifetime

KOOFRは、スロベニアを拠点とするソフトウェア会社が運営するクラウドストレージです。

主な特徴は以下。

  • 追跡なしのセキュリティアクセス
  • 制限なしのアップロード、アクセス
  • Dropbox、Goole Droive等からバックアップ
  • マルチデバイス・ブラウザで動作
  • 重複ファイル削除

以下は[deals.sharewareonsale.com]の期間限定の価格です。

100GB250GB1TB
$29.99
(約2,990円)
$59.99
(約5,990円)
$169.99
(約16,990円)

生涯プランの詳細はこちら

クラウドストレージで注意すること

国内と海外を合わせて数多くのクラウドストレージが存在しました。

クラウドストレージはIDとパスワードだけで簡単に使える便利なサービスです。

ほとんどは無料プランがあって10GBくらいの容量を自由に使えるので非常に便利です。

自宅と外出先でデータのやり取りができるので重宝するサービスです。

一方で、クラウドと聞くとセキュリティ面を心配しがちですが、基本的にどこもレベルの高い暗号化技術を使用していますので外部からデータを盗まれる心配はまずないと思います。

とは言っても、完全ではないので以下の2点は注意して下さい。

  • 読み取られやすいパスワードにしない
  • 共有設定にしない
  • アダルト系はアップしない

手軽に使える分、もちろんデメリットもあります。

パスワードは誰にもわからないように複雑化することをお勧めします。

また、知らずのうちにデータを共有化していないか確認を忘れないようにしましょう。

またアダルトな画像等は規約で禁止されている場合があります。

GoogleドライブではAIによる自動削除が度々あるらしいので注意しましょう。

クラウド
macooucomをフォローする
マコ米EL

コメント

タイトルとURLをコピーしました