「codester」の登録方法と安全性の確認

ホームページ

こんにちは

今回はWEBサイトワードプレスを使っている方にオススメな素材・テンプレート等のデザインやスクリプトが購入できる海外サイトの紹介です。

海外でちょっとした有名なサイトでWEB素材に特化したデザインや権利を購入・販売できるサイトです。

WEBサイトやアプリの開発者はもちろん、ブログやサイトを作っている方にもオススメな素材サイトです。

使い方次第では他のサイトと差別化できる有益なテンプレートやプラグインもありますのでぜひ検討してみてください。

codester(コードスター)とは?

最初にちらっと書きましたが、テンプレートやデザイン素材、ソースコード等が購入・販売できる海外サイトです。

例えば、ブログでワードプレスを使ってい方ならワードプレスで使えるECサイト向けのテーマやSEO関係のプラグインなど実用的なアイテムが購入できます。

さらに他では手に入らないような支払い用のスクリプト、外部SNSとの連携プラグイン、その他のPHPスクリプト等を使えば機能を拡張できる利点があります。

(ワードプレスのプラグイン例)

他にもここでしか買えないテーマやプラグインなどがあり、他のサイトと差別化したいという方に打ってつけと言えます。

<WordPressユーザーにオススメな特徴>

  • HTML、テーマ、画像素材、スクリプトが買える
  • ワードプレスやWEBサイトを拡張できる
  • 様々なプラグインが購入できる

また、有益なHTMLやデザイン、コード等をお持ちの方は販売することも可能です。

codesterの特徴と一覧

上記ではワードプレスの利用者についての利点を紹介しました。

何もワードプレスだけでなく、通常のHTMLサイト、Shopify、Joomlaなどのサイトにも使える素材やコードも販売されています。

(3Dモデル素材の例)

また、python、PHP、C♯等のプログラミングのソースコード、3Dゲーム用の素材、アイコン作成など幅広いアイテムが購入できます。

これらの一覧をまとめると次になります。

カテゴリ詳細
テーマWordPress、Drupal、Ghost、HTML、Joomla、Magento、Muse、MyBB、nopCommerce、OpenCart、Osclass、PrestaShop、Shopify、Tumblr、WooCommerce、Miscellaneous
スクリプト・コードPHP、JavaScript、CSS、Python、Java、Ruby、C++、C#、VB.NET
アプリAndroid、Buildbox、Construct、Cordova、Corona、Flutter、Ionic、iOS、React、Titanium、Unity、Xamarin
プラグインWordPress、CS-Cart、Drupal、Joomla、Magento、nopCommerce、Opencart、osCommerce、Osclass、Prestashop、WooCommerce、X-Cart、Miscellaneous
画像・動画ゲーム素材、アイコン、ロゴ、写真、画像、インターフェースなど
(codesterの主なカテゴリ)

codesterの価格帯の目安

実際に購入しようと考えた時に気になるのが価格です。

価格帯はまちまちですが、手が出せないレベルの金額ではありません

むしろリーズナブルな価格な場合が多いです。

以下はカテゴリ別の価格帯の平均です。(2022/2/3現在)

カテゴリ参考価格帯
テーマ$6〜$50
(約600円〜5000円)
スクリプト・コード$20〜$50
(約2000円〜5000円)
アプリ$20〜$60
(約200円〜6000円)
プラグイン$15〜$99
(約1500円〜9900円)
画像・動画$5〜$10
(約500円〜1000円)
(codesterの主な価格帯例)

これはあくまで参考的な価格帯ですので上下しますのでご了承下さい。

見ていただくとわかる通り、それほど高い金額でもないと思います。

ほとんどが買い切りの商品なので一度の購入で使用できます。

気にいったものがあれば割と良い買い物ではないでしょうか。

codesterは無料登録、登録料等なし

codesterの登録は無料です。

毎月の利用料等はありませんので安心して下さい。

必要になるの料金は以下。

  • 購入代金+為替代
  • ライセンス料

codesterによく似たサイトでcodcyanonという海外サイトではさらに取引手数料が発生しますが、ここでは発生しません。

codesterの支払い方法

利用できる支払い方法は次になります。

  • ペイパル
  • クレジットカード
  • codesterクレジット

心配な方は匿名性が高いペイパルの支払いが良いかと思います。

商品について

商品画面について以下の商品を参考に説明します。

(商品の参考例1)
(商品の参考例2)

これはワードプレスで使えるプラグインの商品になります。

よくサイトで見かける右下の問い合わせボタンを押すとチャットが表示されるプラグインです。

この商品の場合はチャットアプリとしてWhatsAppが起動します。

商品ページを読んでわかることは次になります。

  • 商品の価格:$4
  • 無料サポートあり
  • 必須条件としてワードプレス

このようなワードプレスを拡張できるプラグインが豊富にありますので使い方次第では大手にも引けを取らない良いサイトを構築できると思います。

ライセンスについて

最後にもう一つ注意して欲しいのが「ライセンス」の存在です。

ライセンスはその名の通り購入者の証であると同時に使って良い範囲が決められています。

価格の横にあるライセンスのタブをみて下さい。

ライセンスの種類は次の2つです。

種類詳細
通常ライセンス
(Regular License)
通常のライセンスでは、ユーザーが個人的または商業的に使用したり、クライアントに代わって 1 つのプロジェクトでアイテムを使用することができます。アイテムは、単独で、またはプロジェクトの一部として再販のために提供することはできません。ソース ファイルの配布は許可されていません。(公式HPより引用)”
拡張ライセンス
(Extended License)
拡張ライセンスでは、アイテムを、個人的または商業的な使用のために無制限のプロジェクトで使用することができます。この商品は、”現在の”現在の”再販のために提供することはできません。大規模なプロジェクトの一部としてソースファイルを配布/サブライセンスすることができます。(公式HPより引用)”
(ライセンスの種類について)

再販等はせずに個人のブログやアプリで使うだけという方は通常ライセンスで問題ないと思います。

しかし、これらのHTMLや画像素材、スクリプト等を使って何かの商品化を考えている方は拡張ライセンスを購入しなければなりません

ライセンスによって商品の価格帯が変わりますので注意して下さい

codesterの登録方法

登録は無料で簡単に行えます

以下に登録手順を説明します。

1)会員登録。

(codesterの会員登録1)

2)必要事項を記入して「Create my free account」を押すと、メールで確認が届きます。

メールに記載されているリンクをクリックすると、次の入力画面が表示されます。

3)追加情報の入力。

(codesterの会員登録2)

以上で会員登録は完了です。

codesterの安全性

codesterは主に開発者向けの素材やコードを購入するサイトなので特に危険ということはないと思います。

強いていうならば、個人で商品を販売することも可能ですので提供者によっては質が変わってくるという点がデメリットではないでしょうか。

もし少しでもトラブルを減らしたいということがあれば、商品ページにある「Q&A」や販売者に直接メール等で商品について事前に質問してみると良いと思います。

また一部のアプリなどの商品によってはデモアプリやデモサイトを公開していることが多いので実際にどういうものなのか使ってみることをオススメします。

最後になりますが、codesterは英語サイトになります。

ブラウザの翻訳機能などをフル活用すれば英語が苦手な方でもなんてことはないと思いますのでぜひ検討して見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました